5年の節目に見えた、原発を乗り越える市民の力

こんばんは、グリーンピース・ジャパン事務局長の佐藤潤一です。

今日3月11日で、東日本大震災から5年となりました。この震災により犠牲となられた全ての方々に対し、あらためて哀悼の意を表します。

画像が見られない場合は、下記リンクからブラウザでご覧ください

写真:東京で行われたイベントPeace on Earthにて、2時46分に追悼の黙祷。

しかし、この悲劇はまだ終わっていません。東京電力福島第一原発事故によって、およそ10万人の方々が今でも住み慣れたふるさとからの避難を余儀なくされたまま。飯舘村や浪江町などの避難地域では、除染作業で剥ぎ取った汚染土がつめられたおびただしい数の袋が仮置き場や道沿いに並べられています。

原発事故を経て、わたしたちは原子力発電は過去の産物とし、安全で環境にも優しい自然エネルギーに移行するべきだという教訓を学びました。にもかかわらず、九州電力の川内原発が、火山灰のリスクを軽視して再稼働するなど、政府や原発産業の原発にしがみ付く姿勢は、変わっていません。

それでも、市民のあいだで、原発やエネルギーに対する意識が高まっているのは確かです。3月9日には、滋賀県の住民のみなさん、弁護士団のみなさんの尽力により、滋賀県の大津地裁で、関西電力の高浜原発3,4号機が、運転停止の差し止め決定を受け運転停止となりました。運転中の原発が司法の力で止まるのは、史上初。5年目の節目を前に、市民の力が政府や原発産業の力を乗り越えた瞬間を見ることができました。

「原発事故は終わっていない」5年たった今だからこそ、改めて原発からの卒業をめざし、市民の声を高める必要があります。

ぜひ今日、こちらの投稿をシェアして、多くの方に広めてください。

画像が見られない場合は、下記リンクからブラウザでご覧ください

グリーンピース・ジャパン事務局長 佐藤潤一

画像が見られない場合は、下記リンクからブラウザでご覧ください

虹の戦士号から、クルーと一緒に追悼の献花をしました。こちらのブログでも、虹の戦士号で福島沖を航行した際のことをブログにしています。


※画像が表示されない場合はこちらからご覧ください

※このメールマガジンの情報をお友達やご家族など周りの方へ広めてください。ご登録はこちらから

※メールマガジン登録解除はこちらから

お問い合わせや、万が一上記フォームから登録解除できない場合は、大変お手数ですが、登録メールアドレスでこのメールにご返信いただき、ご連絡をお願いいたします。

 

国際環境NGO グリーンピース・ジャパン

〒160-0023 東京都新宿区西新宿8-13-11 NFビル2F

TEL:03-5338-9810 FAX:03-5338-9817

www.greenpeace.org/japan

Categories 原発廃止

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close