【3月1日-2】陸自配備で南西諸島を標的にさせないーその2/2 #南西諸島 #辺野古 #高江  

【3月1日-2】陸自配備で南西諸島を標的にさせないーその2/2 #南西諸島 #辺野古
#高江

2月28日に行なわれた表題の政府交渉および院内集会
その2は、5時からの院内集会です。
http://twitcasting.tv/iwj_areach2/movie/351415749

冒頭に伊波洋一参議院議員から、
自衛隊配備の背景となる、
米軍による驚くべき戦略が紹介されました。

それは、
南西諸島に自衛隊のミサイル基地を配備し、
「敵中国」の攻撃を誘引し、日中戦争を引き起こし、
寸止めで、米中大戦とならないようにするという、
「列島弧捨て石」戦略のことでした。

住民避難の方策もなく、島々と住民を、
ただただ戦火の中に引き込もうとするものです。

伊波議員は、こうした危険な火遊びをやめるためには、
日中関係を、戦争を前提とした現在のような抗争関係ではなく、
平和を前提とした友好関係に戻すことこそが、
何よりも大切だと、締めくくりました。

つづいて、
奄美大島、宮古島、石垣島、与那国の4島の方々から、
自衛隊基地ストップの住民運動、現状が報告されました。

住民にきちんとした説明が無いままに、
基地建設を押し付け、
地元自治体の首長がそれに乗っていく、
地元議会も賛成派多数。

そんな悲観的な情況にありながらも、
環境保護の問題、とりわけ飲料水水源地を
陸上自衛隊が取り上げていくことに対しては、
賛成派の中からも強い抵抗が起こり、

防衛省をして基地計画の変更に追い込むという
成果も挙がっているそうです。

質疑応答のなかで、
島々の住民には「中国脅威論」は殆どない、
ということも明らかにされました。
これは、沖縄でも本土でも多くの人が誤解していることです。

南西諸島にとってドル箱の観光収入。
自衛隊基地が、それを阻害することに
これからは、多くの人が気づくでしょう、とも。

自然と観光、
平和と文化の島々であり続けること。
未来に向かって暮らしと産業を盛り上げること。
それこそが、
人々の交流を生み、戦争の抑止力になるというのです。
あたりまえですね。

動画をごらんください
http://twitcasting.tv/iwj_areach2/movie/351415749
2時間29分

ni0615田島拝
https://www.facebook.com/naoki.tajima.90
https://twitter.com/ni0615

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace

Categories アベノミス

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close