共同宣言署名 正恩氏ソウル訪問へ

韓国の文在寅大統領(左)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長=2018年9月19日、平壌共同映像取材団撮影の動画から

 【ソウル渋江千春】平壌を訪問中の韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は19日、百花園招待所(迎賓館)で首脳会談での合意事項をまとめた合意文書「9月平壌共同宣言」に署名し、共同記者会見を行った。北朝鮮側は宣言で北西部東倉里(トンチャンリ)の「西海(ソへ)衛星発射場」のエンジン実験場の永久的な廃棄と関係国の専門家による参観に合意したほか、米国が相応の措置を取れば、寧辺(ニョンビョン)にある核施設の永久的廃棄などの追加的措置を取る用意があるとの意思を表明した。

 平壌共同取材団によると、金委員長は会見で「朝鮮半島を核兵器も、核の脅威もない平和の土地にするために積極的に努力していくことを約束した」と強調。文大統領は「南と北は初めて非核化の方法について合意した。とても意味のある成果だ」と述べた。また、金委員長が近日中にソウルを訪問することでも合意した。

 今回の首脳会談は18日午後に側近を交えて約2時間、19日午前には両首脳単独で約1時間行われた。主要議題は、南北関係の改善・発展▽非核化に向けた米朝対話の仲介・促進▽南北間の軍事的緊張緩和・戦争の脅威解消--の三つ。19日午前、ソウルで記者会見した韓国大統領府の尹永燦(ユン・ヨンチャン)国民疎通首席秘書官は18日午後の会談について「(予定よりも)長くなった。三つの議題について、虚心坦懐(たんかい)に真摯(しんし)な対話を交わした」と語った。

 また、文氏は平壌冷麺の老舗、玉流館での昼食後、北朝鮮最大の美術制作会社「万寿台創作社」を訪問する予定。同社は巨大な銅像を海外で建設し、外貨稼ぎをしているとして2017年8月、国連制裁の対象に指定された。尹氏は「芸術品を観覧するだけだ」と述べ、問題はないとの認識を示した。

 朝鮮労働党機関紙「労働新聞」も19日、平壌の空港に到着した文大統領を金委員長が抱擁する写真を1面に掲載し、南北首脳会談について「朝鮮半島の平和と繁栄、統一の新時代を開く重大な契機となるだろう」と伝えた。また、国営朝鮮中央通信は「金委員長と文大統領は今年行われた2度の会談後、肯定的に立派に発展している現在の北南関係の状況について高く評価した」と解説し、会談は「相互理解の温かい雰囲気の中で行われた」とも伝えた。

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close